苗字が変わる前の印鑑

イメージ画像

結婚してしまったので、旧姓のものですが、自慢の印鑑がありました。
昔使っていた銀行印がそれです。
というのも、銀行印にしていたその印鑑は、小学校の卒業記念に学校から贈られたものなのです。
卒業前に印鑑本体の材質や、文字の書体なんかも選べて作ってくださり、卒業の際に担任の先生から卒業証書と一緒に渡されました。 印鑑のプレゼントなんて、ちょっと気が利いてますよね。
小学校を卒業して、中学生になる。
その進級には少しだけ大人になるような、そんな気持ちもあって、その気持ちをさらに装飾してくれるような、そんな贈り物でした。印鑑を持つ=大人になる、そんな感覚もありました。

そして、そういった節目での贈り物であるとともに、その印鑑は人生で初めて、銀行口座を作る時に使った銀行印なのです。
まさしく私の半生を共にしたような印鑑なのでした。
印鑑が必要な時はなんにでもそれを使っていて、すべてを一つで併用していました。
今となってはなんて危ないことを!と思いますが、それほど思い入れの強い印鑑でした。

その印鑑は苗字で彫ってあったので、現在は結婚して苗字が変わってしまったので使えないのです。
使うことはなくとも、思い出の一品なので、その印鑑は捨てずに大事に閉まってあります。
この昔の銀行印と同じように、大事に扱える銀行印があってもいいのかもしれません。
これからの人生を一緒にする、そんなパートナーになるような印鑑を。



このページの先頭へ